iPhoneの通知を全部消す(電話以外)

毎日毎日仕事の日報をつけている。

つける日報は2種類あって、完全に自分しか見れない日報と他人に見せても大丈夫な日報だ。前者は何でも書けるし、後者は今の進捗状況を客観的に把握することができる。

すでにメールの通知はこないようにしていて、チャット系のツールの通知も来ないようにしているが、LINEとその他もろもろのアプリに関しては放置していた。

通知が来るたびに毎回作業が止まってしまっては、せっかく仕事に集中出来てゾーンに入ってきた途端にゾーンから外れてしまう。

再びゾーンに入るまでに数十分かかったりすることはよくある話だ。

単純に1回の通知でゾーンに入ることができなかったら、20分間の集中力が奪われるとしよう。

午前中と午後に5回ずつアプリから通知が来ただけでなんと1日に200分間の集中力が奪われることになる。恐ろしい。

フリーランスの人なら自分の生産性を気にする人が多いだろう。

だから通知から切り離されるべきだ。

勇気を出してLINEの通知を完全にオフにしてみた、これで着信には気づかない。大切な友達は電話番号を知っているから、本当に緊急ならそちらにかけてくるだろう。

ついでに月曜から土曜は仕事に集中できるようSNS関連のアプリもすべて消した。おやすみタイマーを昼の9時から夜の19時までセットして1日に10時間はスマホの通知をシャットアウトするようにした。

通知があるとどうしても気になってしまう。

消化していない通知がたまると気になる。

だからどんどん通知は切ればいい。

iPhoneなら設定→通知で通知のコントロールをできるはずだ。やってみればいい。

 

このようなお話が好きな人は時間オタクの2人が共同で書いた時間術大全を読むといい、ありとあらゆる時間の確保の仕方を紹介している。私も積極的に取り入れて真似していきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました