ポーカーブームが終わりそう

ここ最近の国会でオンラインカジノ規制の話題になり、ポーカー系youtuber達が次々に動画を非公開にしている。ここ数年、日本のポーカーブームは過熱し、今でも東京を中心に新規店舗がオープンしている。

ポーカーブームが起こった理由は世界のヨコサワというyoutuberによる影響が大きいと思う。彼は世界中のカジノを飛び回るギャンブラーで、コロナ禍からポーカーデビューをした人達の半分くらいはヨコサワキッズといっても過言ではない気がする。

アメリカでもブラックフライデーと言って(詳しく知りたい人はググって)オンラインポーカーが規制されたことがあり、一気に国内のポーカーのレベルが落ちたらしい。

1時間に800ハンドをこなすことが可能なオンラインと、1時間に40ハンド程度しか遊ぶことのできないオフラインだと、当然前者のほうが成長速度は早い。事実、海外でもオンラインで経験を積んだプレイヤーがハイステークスで活躍している。

日本人のポーカーが弱くなることは実質、国内のお金が海外に流れることを意味するんだけど、岸田文雄はその辺の押し引きをわかっているのか、わかってないのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました