気分が落ち込んだらとにかく「情報を遮断」すること

かわいいねこ 気分が落ち込んだ時のライフハック

躁鬱は感情のジェットコースターだ。

突然ハイテンションになって、好きな人に電話をかけて告白したくなったと思えば、いきなり首を吊って自ら命を絶つことを考えたりしてしまう。ハッピー!な感情と死にたい!殺してくれ!って感情が交互に来るからタチが悪い。なんなんだ、本当に。

こういう時に頼みの綱になるような友人や知人に連絡するのはいい選択だと思う。

一番やってはいけないことはSNSを見ることだ。無限にあふれ出てくる情報と、死にたい感情、ハイな感情が混ざってめちゃくちゃになってしまう。

私も今では1日に10ツイートも通常投稿すれば多い方だが、一番ひどい時期には1日で1000ツイートを超えていた、アホだ。今思えば何をツイートしていたのかすら覚えていないけど情報に溢れていた。明日になれば忘れてしまう無意味な情報に溺れていた。結果的に夜更かし、朝は起きれず単位を落とし留年。止まらない希死念慮。終わらない大学生活。

光陰矢の如し、陰毛散り侍。

もうわけがわからなくなる、どんどんどんどんどんどんどん頭の中がパニックになる。そういうのはよくない。

逆に頭おかしくなりたい人は1日中SNSに張り付いて、無駄な情報を摂取しまくればいい。あっという間に脳が疲労起こすと思う。

アルコールも薬も情報も適量ってものがある。脳が疲れた、限界だと思ったらとにかく持ってる端末から手を離して、逃げること。

空が綺麗だったらぼーっと空を見てもいいし、海が綺麗だったらぼーっと釣りにいってもいい。

 

でも難しいよね~わかる!わかる!わかるよ!難しい!鬱でめちゃくちゃになってるときってさ、動けないじゃん。退屈じゃん。手元にスマホあるじゃん。見ちゃうよね~。SNS見ちゃうよね。わかるんだよ。

そこで役に立つのがね、シンプルだけどアイマスクなんです。

アイマスクはすごいです。アイマスクすると目の前が真っ暗で何も見えなくなる。強制的に情報を遮断してくれる。アイマスクはすごい。私はすっかりアイマスク愛用者になってしまった。

気分が落ち込んだらとにかく寝よう、休もう、情報から逃げよう。

それで元気になったらちょっとずつ動けばいいよ。

って自分に話しかけてます。みんなこの冬頑張って乗り切ろうな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました