競輪選手になるためには、競輪学校を目指そう!

競輪はオリンピックの正式な種目になっていることもあり、今や注目度の高いスポーツの1つです。また、競輪で活躍する選手たちの熱いレースは非常に見応えがあります。そんな競輪選手になるためにはどうすればいいのかを具体的に説明します。

競輪選手になるためには、国家資格に合格しなければならない

競輪選手になるためには、国家試験である「競輪選手資格検定」に合格する必要があります。この試験を受けるために、学歴や経歴は一切関係ありません。しかし、この試験は国家資格ということもあり、非常に難しいため、独学での合格は現実的ではありません。この試験に合格するためには、日本競輪学校に入学して、競輪選手になるための知識やスキルを磨く必要があります。

日本競輪学校とは

日本競輪学校は、全国で静岡県に1校しかありません。つまり、競輪選手になるためには、この学校に入学するしかないのです。そして、ここには本番を想定した訓練ができるように、実際の競輪場をイメージした専門の様々な走路が用意されていたり、食事についても専門の管理栄養士が用意してくれます。

日本競輪学校の入学試験について

入学試験を受けるための条件

日本に住んでいて、17歳以上であれば問題ありません。また、年齢制限に上限はありません。過去の合格実績では、35歳で入学試験に合格した人もいるようです。

入学試験には、一般試験と特別試験がある

日本競輪学校に入学するためには、大きく2種類の試験があります。それが、一般試験と特別試験です。さらに、一般試験は「適正試験」と「技能試験」の2つに分かれています。自転車競技で実績がある生徒は技能試験を受験しますが、それ以外の受験生は適正試験を受けます。適正試験では、垂直跳びや背筋力の測定、台上走行装置を使用したケイデンス数(回転数)などを測定します。技能試験では、1,000メートルのタイムトライアルを行い、合格できる基準は1分10秒前後です。これは、自転車競技経験者でも鍛えなければ、合格することは非常に困難です。

また、特別試験は世界大会で実績を残している場合にのみ受験することができます。

入学試験に合格できるのは、10人に1人だけ

日本競輪学校は、日本全国で1校しかないこともあり、その合格倍率も約10倍と非常に困難です。身近な例で言えば、日本屈指の東京大学の最も難しい理科三類ですら倍率は3.5倍しかありません。そのさらに3倍近い競争率の入学試験は熾烈を争うものであることは言うまでもないでしょう。

入学してからの生活について

晴れて試験に合格することができたら、日本競輪学校へ入学することができます。基本的な在学している期間は1年間ですが、成績優秀者の場合には半年で卒業することもあります。ここでは、入学してからの生活について説明します。

全寮制、外出は制限される

独身や既婚者関係なく、入学した生徒は全員が入寮することになります。帰宅が許されるのは、お盆と年末年始の休みだけです。また、外出については、男女別々に隔週で決められています。ここにも競輪選手になるための厳しさが表れています。

学費は無料

気になる学費は無料です。しかし、現実的に寮での生活の食事代や練習着、ウェア代などはすべて自己負担です。そのため、入寮した生徒の多くは財団法人のJKAから貸付けを受けて、競輪選手にデビューして最初の1年間でそれらの費用を返済することが多いです。

スマホや携帯電話、PCの持ち込みは禁止

寮への通信機器類はすべて禁止されています。寮には公衆電話が用意されており、緊急の連絡はそれで取ることに決められています。また、髪型や服装については男子は丸刈り、女子はショートカット、化粧も禁止されています。

このように、競輪選手になるためには、入学してからも厳しい生活が続きます。また、体調不良や態度については厳しく指導されることもあって、途中でやむなく退学してしまう生徒も少なくないようです。

競輪選手にデビューしてから引退するまで

競輪学校を無事に卒業して、国家資格に合格することができれば、競輪選手になることができます。その後は、所属を決め、選手登録をして、正式に競輪選手として認められます。

また、競輪選手にはランクが6段階あり、その中でA級3班からスタートすることとなります。このランクは半年に一度見直しがされるため、結果を残し続ける日々となります。ランクについては、競輪のランクにまつわる全てを説明します。 | むかどんのブログの記事で詳しく書いています。

競輪選手には、60歳以上の還暦レーサーもいる

競輪選手には、60歳以上の還暦レーサー(三ツ井選手など)がいるほど、選手寿命の長いスポーツです。引退年齢の平均も44歳と言われています。基本的に引退する理由は、体力の限界や級の降格が続くことなどです。

また、競輪は落車することで大きな怪我を負い、引退を余儀なくされるケースもあります。落車については、競輪の落車は危険です! | むかどんのブログの記事で詳しく書いています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)