競輪選手の賞金の手取りは○億円超え!?

時には、時速80kmを超えるスピードを出して、白熱するレースを見せてくれる競輪。

今回はそんな競輪選手たちの賞金の手取り額や年収について説明します。

競輪選手のデビュー戦の賞金の手取り額は、○○万円!

競輪学校を卒業して、最初のデビュー戦で優勝した選手でも、その賞金は手取りで21万円もらえるそうです。加えて、デビュー当初の選手は月に2,3回のレースへの斡旋があります。最年少で17歳の競輪界でデビューして1ヶ月で最高80万円近くも手取りでもらえるのはワクワクしますね。

また、レースデビューしてから半年間の競走成績などを踏まえて、一発勝負の「ルーキーチャンピオンレース」が開催されます。これは一般的に言えば、「競輪の新人戦」です。出場する選手の実力も拮抗しているので、平均払い戻し金額にも期待出来るレースとなっています。そして、何よりこのレースで優勝した選手には賞金総額112万円が授与されます。車券を買う時には、このレースのために毎日練習に精を出しているルーキーを狙っていきたいですね。

競輪選手の驚くべき年収とは

競輪選手の平均年収は、約1,100万円

競輪選手の平均年収は、約1,100万円と言われています。しかし、競輪界のトッププロであるS級S班になれば年収1億円稼いでいる選手がいることが下表からも分かります。下表ではランクごとの平均年収を簡単にまとめています。ルーキー選手の所属が多いA級3班の選手でも年間600~800万円の年収を稼いでいます。

ランク 平均年収
S級S班 1億円
S級1班 2,300万円
S級2班 1,350万円
A級1班 1,000万円
A級2班   850万円
A級3班   740万円

レース以外でも競輪選手は稼いでいる

この年収のメインになるのは年間の獲得賞金額となりますが、その他にもレースに参加することでもらえる「参加手当」や雨や雪などの怪我につながるリスクを抱えレースしたことによる「雨敢闘手当」、年末年始には「正月手当」が支給されています。もちろん競輪場までの「通勤手当」も支給されています。加えて、先頭誘導員を務める資格を持っている選手は、先頭誘導したレースの回数に合わせてその手当が支給されます。このように、獲得賞金以外でも競輪選手は稼いでいるのです。

競輪選手の賞金額は出場するレースのグレードによって違う

競輪選手はランクによって年収に大きな差ができます。これは、出場するレースのグレードに依存しています。競輪選手の賞金額はレースのグレードが高ければ高いほど、競い合う選手のレベルも高くなり、得られる賞金も大きくなります。そして、そんな大きなレースにはお客さんである私たちも熱中して投票するのです。ここでは、競輪選手が出場するレースのグレードによって、どれだけの賞金額が違うのか説明していきます。

グレードの高いレースに参加するには、出場資格が必要です。S級選手のみだけが出場を許されているレースはGⅢ以上のレースです。A級選手以上が出場できるレースにFⅠレースがあります。このレースにはS級選手も出場できるため、競輪の予想をする時にはS級選手がいないかチェックすることが必要です。そして、A級選手のみが出場できるFⅡレースがあります。このレースでは、選手たちの実力が拮抗していることに加えて、A3のルーキーも出場しているため、高配当が続出することも少なくありません。

競輪選手の歴代最高賞金王は誰か?

1980年代に、中野浩一選手が競輪選手で初の1億円超えを達成してから、1億円を超える選手が続出しました。今では、2億円を超える選手もいます。そのためには、KEIRINグランプリの優勝賞金(1億円)を獲得することが必須の条件となっています。年間の歴代賞金王になることで年収2億円突破が見えてくるのですね。

そして、競輪選手の歴代年間最高獲得賞金額を稼いだ新王者は、三谷竜生選手です。彼はKEIRINグランプリ2018で初優勝を果たし、年間で2億5000万円超の金額を獲得しています。1年間でサラリーマンの生涯賃金を稼いでしまうことに驚きます。

また、直近のニュースで、この選手は元℃-uteの岡井千聖さんとの不倫が発表されていますが、これだけの賞金を稼いでいたら慰謝料を払っても、これから稼いいける金額を考えれば痛くはないでしょう。しかし、競輪界をリードしていく選手が不倫していたというのは悲しい事実ですね。三谷選手にはこれから気持ちを切り替えて、レースに取り組んで欲しいものです。

「ガールズケイリン」の選手たちの気になる年収は?

ここまでは男子の選手を中心に説明しましたが、競輪には「ガールズケイリン」と呼ばれる女性のみのレースが開催されています。この「ガールズケイリン」は一度廃止となりましたが、競輪界の人気を再度巻き起こすために2012年7月から復活しました。今では、オリンピックの種目に「女子ケイリン」が正式に採用されているほどです。

そんな女子競輪選手たちの年収は、平均で約600万円と言われています。男子の年収と比較すれば低く感じるかもしれませんが、女性スポーツの中では非常に高い水準です。また、年間でTOP7に輝いた選手のみが一発勝負で参加できる「ガールズグランプリ」の優勝賞金は500万円です。一発勝負で500万が決まるレースは非常に盛り上がります。このように、女子選手たちも男子に負けないくらいの白熱したレースを繰り広げています。「ガールズケイリン」を見かけた際には投票してみるのも面白いかもしれませんね。

ちなみに競輪を同じように買っても投票サイトを変えるだけでお得になることを知っていましたか?

こちらの記事では競輪を買ったときのお得になるコツを紹介しています。

ぜひチェックしてみてくださいね。

→競輪のおすすめ投票方法を見る




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)