競輪を攻略するためには〜的中率と配当を知ろう〜

競輪を攻略するとは

「競輪を攻略する」という言葉は、「競輪を」と「攻略する」に分解できます。この「攻略」の意味を、Wikipediaにて調べてみたのが下記です。


「攻略」には、〈敵陣を攻め取る〉という元来の意味から、〈ある程度の規模をもつ固定的な目標に、何らかの努力や準備をもって攻め入る試み〉というニュアンスが含まれる。(Wikipediaより引用)


「競輪を攻略する」とは「ある程度の規模を持つ固定的な目標(お金を増やすため)に、何らかの努力(買い方を工夫すること)や準備(軍資金の用意競輪予想するための知識の習得)をもって(競輪場へ)攻め入る」と言い換えることができます。

つまり、競輪を攻略するためには、買い方の工夫や軍資金の用意、そして競輪予想するための知識が必要です。

今回は、競輪予想するための知識で必要不可欠な的中率平均配当回収率について説明します。これをよく理解することは、競輪を攻略することとイコールとなります。ここで、しっかり理解してしまいきましょう。

競輪の的中率をよく理解しよう

まず、的中率とは、車券が的中した回数÷車券を購入した回数で求めることができます。しかし、現実にはこの的中率は購入した結果からしか求めることができません。競輪を攻略するという意味では、事前に的中率を理解する必要があるため、ここでは、基本的な車券の買い方別の的中率を理解しましょう。

競輪には、7車立てと9車立てがある

競輪には、7車立てと9車立てのレースがあります。ミッドナイト競輪と呼ばれるレースでは、7車立てが基本となっており、通常のレースでは、9車立てが基本です。もちろん、7車立てより9車立てのレースの方が買い目は増えてしまいますよね。ここで車立ての的中率の比較をすれば、7車立てのレースの方が的中しやすいことが分かります。

競輪の買い方は、7種類

競輪には、投票できる買い方に単勝と複勝を除いた7種類(2枠単,複・2車単,複・3連単,複・ワイド)の買い方があります。それぞれの全通り数を下表にまとめてみました。それぞれの的中率は購入する買い目の数によって変化しますが、基本的には下表の通り数の数だけ買い目があるということを改めて理解しておきましょう。つまり、9車立てよりも7車立ての方が的中率は高く、3連単よりも2車単の方が的中率が高いということです。

7車立て 9車立て
2枠単 発売なし 33
2枠複 発売なし 18
2車単 42 72
2車複 21 36
3連単 210 504
3連複 35 84
ワイド 21 36

競輪の平均配当をよく理解しよう

競輪の的中率をよく理解できたら、次に競輪の配当を理解していきましょう。今回は、参考URL先のサイトに競輪のデータを詳細分析した結果ありましたので、そのデータをもとに説明します。このデータはH18.1月~12月の成立レースを分析していて、少し古いデータとなりますが配当の感覚を掴むレベルでは十分なデータです。2連単と3連単の平均配当は以下です。

【2車単】平均配当 4,649円/【3連単】平均配当 34,238円

参考URL:平成18年 1月~12月 全レースの配当分析

競輪の回収率を考えてみよう

ここまでで競輪の配当と的中率が理解できたら、今度は回収率です。回収率は、どれだけの配当をどれくらいの確率で当てたかで算出することができます。式は、以下の通りです。

回収率 = 的中率 × 平均配当

的中率(9車立て) 平均配当 回収率
2車単 1/72 4,649 64.6
3連単 1/504 34,238 67.9

上の表は、9車立てのレースで全ての買い目が同じ確率で起きると仮定して、2連単と3連単を購入した場合の回収率を求めています。この回収率が、100%を超えていないのは、競輪には控除率というものがあり、車券を購入し、払い戻された時に、すでに25%差し引かれているからです。また、3連単の回収率の方が2連単の回収率に比べて3%ほど高い数値になっているのは、3連単の方が的中率に比べて平均配当が高いからです。加えて、平均配当が高くなるのはオッズが割れていることが多く起きる場合なので、3連単の方がその配当にブレが出やすいこともわかりますね。

上記で仮定している、「競輪では全ての買い目が同じ確率で起きる」ことは実際のレースでは同じ確率ではありません。実際には、各選手の強さや競輪場の特徴、レース展開など複雑な要因が重なって、着順が決まるスポーツです。そのため、予想できないような結果も起きやすく、大きな配当を得る可能性もあります。その結果、ギャンブルの確率論を意味がないと知識として備えるのをやめてしまう人やギャンブルの不合理性を認めずに確率論だけで攻略しようとする人たちが出てきてしまうわけです。

しかし、ギャンブルの不合理性だけを求めていては負け越してしまうのも事実です。少しでも競輪というギャンブルを楽しみ、長く続けていくためには、基本的な的中率を理解することは大切です。今回の記事で分かるように、2連単は平均配当は3連単より少ないが、的中率は高いと知っていれば、ここ一番の大勝負で大金をかける時にはできるだけ的中率の高い買い方を選択できるでしょう。また、予想しているレースが荒れるとわかれば、3連複で保険に走ることも、3連単で大きな配当を狙うことも可能となります。そういう意味で、これからの競輪予想をする時には、的中率や配当、回収率を考えて購入していきましょう。

まとめ

競輪を攻略するためには、基本的な的中率を理解し、配当と回収率も考えて車券を購入していきましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)