タピれない。




タピオカミルクティー及び、その関連商品を胃袋に入れる行為を「タピる」と呼ぶらしい。

タピオカ屋さんの前には毎日のように行列ができているのを、遠くから指をくわえて眺めている24歳男性がいたら高確率で私だ。

よろしくお願いします。

 

本題に入るが、タピオカミルクティーの味が気になるのになかなか飲めない自分がいる。

つらい。なんて辛いんだ。

今日帰宅しながらツイキャスをして思ったけれど、おそらく24歳にもなってタピオカミルクティーを飲んだことがないことへのコンプレックス。タピオカコンプレックスがあるからだ。

タピオカコンプレックス。

正直な話、どんな顔をしてタピオカを飲めばいいのかわからない。

タピオカを、あのぶっといストローで吸い込んだら、飲み込むべきなのか、噛むべきなのかわからない。

 

午前2時、踏切に望遠鏡を担いでったBUMPとは違い、僕は午前2時にシングルベットでLINEをした。

「タピオカミルクティー飲んだことある?」

「あるよ」

「どんな味するの?」

「いや、どんなって言われても」

すぐに電話を一方的にかけた。午前2時。迷惑もいいところ。

結局わからなかった。

「飲み込まないよ。噛むよ。」

情報はこれくらいだ。

 

タピオカミルクティーを飲んだことがない自分はあの列に並ぶのが怖い。

スムーズに注文できなかったら、後ろの女子高生に迷惑をかけてしまうのではないか。

「え、あの人タピれてないけど大丈夫?」とか言われないだろうか。

心配事は溜まっていく。こわい。

 

タピオカミルクティーを飲んだことのないコンプレックスは確実に自分を蝕んでいる。

日々、タピオカへの欲求は続く。

 

いつになったらタピオカミルクティーを飲める日が来るのだろうか。

それではよろしくお願いします。(まじです)

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)