嫌な情報はどんどん遮断していけ【生きる】




細かいことには触れないが、朝から明るくない話題でタイムラインが盛り上がっている。人が自分から死ぬのはどんなことがあっても悲しいことだ。救えなかったのか色々考えてしまうが過ぎてしまったことや、赤の他人なら余計に心配しても仕方がないと思う。それよりもお前ら自分の心配しろよ…と思ってしまうことがある。僕も含めて。

少し前にした情報断食の話題と内容は似ているが嫌な情報や自分に有益でないと判断した情報はどんどん遮断していくべきだ。

自分に都合のいい情報だらけになると、それはそれで毒になってしまうかもしれないが少なくともネガテイブな情報だらけの中でポジティブに生きろなんてほうが無理だろう。

一見いつも明るくポジティブに見えている人だって影では明るくなれるように努力しているはずだ。

変化を怖がらない

いきていると色々な変化がある。人付き合いだって、考え方だって、なんだってそうだ。変化を恐れてはいけないし、変化を楽しんでいけるような大人にならないと気がついたら過去の価値観に縛られた「老害」みたいな存在になってしまうと思う。知らんけど。

自分だって、凄い勢いで変化していると思う。先日まで引きこもってゲームしかしていないと思っていたら気がついたらSEOやPPCに興味を持って、自分でもやってみたいと思うようになった。少しずつ狙ったクエリで上位を取れた時には本当に嬉しかった。

人間は変わる生き物だ。引きこもっていた自分が今の自分を見たら別人だと思うと思う。

変化が起きると違和感を感じるようになる

何か変わると違和感を感じるようになる。今までなんとも思っていなかったことが「おかしいな?」と感じたり、ある時にあの人が言っていた言葉を急に理解できるようになったりと色々なことがわかるようになる。もう変わった貴方は今までの貴方ではない。そんな時こそ情報を整理するチャンスだ。

今までネガテイブな言葉ばっかり言っていた人をミュートしたり、これまで見向きもしてこなかったような界隈の人をフォローして新しい情報を手に入れてみたりとどんどんアクションを起こしてみよう。実際に僕もここ数ヶ月間の新規フォローは9割以上がSEO関連のツイートをしている人だが、勉強になることばかりで本当に為になる。情報は取り入れ方次第で薬にも毒にもなる。だから取り扱いが難しい。

生きるしかない

正直朝の一連の流れでダメージを受けた。やっぱり生きるのは辛いし、自分で自分の人生を終わらせたくなるときはある。それでも生きるしかない。どうにかして自分を上手にごまかしながら生きるしかないんだ。それは難しいことかもしれないけれど本当にそれしかないと思ってる。死んではダメだ。せっかくある命なんだからダメ人間でも後ろ指を刺されてでも生きるべきだと思う。生きるしかない。追い込まれるとどうしても「生きるか死ぬか」の二択になってしまう。それではいけない。死ぬことは最初から選択肢から消すのだ。消した上で図々しく生きるとか図太く生きるとか色々決めよう。10人から嫌われても1人好きになってくれる人を大事にしたほうがいい。全ての人間と相性が合うなんてあり得ない。生きるしかない。確かに生きていると死んだほうが楽なんじゃないかと思う場面や、そう思ってしまうことが何回も出てくるけれどそれは脳が疲れている。だから休もう、思いっきり温泉に入って、酒でも飲んで、たくさん寝て、休もう。それでもダメだったら病院で相談したりしよう。病院はきちんと診てくれる。診てくれないところはすぐに変えてしまおう。ヤブ医者だから。こうやって少しずつ上手に生きることができたらきっとそのうち寿命が来て死んでいる。どうせ死ぬんだから自分から死ぬことはない。案外生きていればどうにでもなる。大学を卒業できなくたって大丈夫だし、周囲と適合できなくても大丈夫だ。会社は1つだけではない。たまたまその会社が合わなかっただけの可能性もある。だから生きるのをやめるな、絶対にやめるな。生きるしかないんだ。生きるしか道は残されていない。生きるしかない。辛くなったら、嫌になったら何もかも投げ出していい。誰も責任は取ってくれないけどなんとかなるように逃げろ。誰かに迷惑をかけてしまうとか考えないほうがいい。自己中心でもいいから生きろ。これは多分自分に言い聞かせてる。みんなも生きてくれよな。最後まで読んでくれてありがとう。おわり。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)