情報断食はいいぞ、情報を取り入れるのをやめてデトックスしよう

生きていると何も投げ出して赤ちゃんになってしまいたい時があると思いますが、そんなときはタイトルにあるように情報断食・サウナ・睡眠の3点が効果的です。

それぞれ単独でやっても効果がありますが、組み合わせることによって効果がモリモリあがるのでよかったら試してみてほしい。

今回は情報断食について書く。

こうなるまえに↓

情報断食をして下界の情報を全て遮断する

過去記事(スマホを見る時間を減らすだけで幸福度は上がる)でも書いているが、情報断食をして下界の情報を全て遮断することで大きな効果を発揮する。別に1日山に引きこもれとか3日間どっかの島にいけとかそういうことを言っているのではなく、スマホの電源をオフにするだけだ。おそらくスマホの電源を切るだけでもかなり違う。

普段何気なくSNS等を見ていると、予想以上に多くの情報が目に入ってしまう。ぼーっとタイムラインを見てしまうと数分でも100ツイートを見ることは容易になるだろう。100ツイートも読んでしまうと自分の興味ある人だけをフォローしているタイムラインでも当然嫌な情報がたくさん出てくる。とくに悪いのはネガティブな情報だ。○○についての悪口やそれについてネガティブなことを書いているものを見るとこちらまで嫌な気持ちになってしまう。

最近疲れ果ててるなあと思ったら情報断食をしてガンガン下界の情報を遮断するといい。私の身の回りの人達は上手に情報を遮断している。

ネガティブなことが多い人はミュートするとか、本来欲しい情報以外のものを持ってきてしまう人はミュートするとか、上手に情報を使い分けている。

実際にやってみると情報は多ければ多い方がいいわけでもないことがわかってくる。情報は多ければ多い方がいいのではなく、必要なものだけを厳選して抽出することが重要だ。健康オタクの人は試しに情報断食をやってみてほしい。

1日30ツイートよりも1日1ツイートの方がいいんじゃね?

とある界隈では2018年末あたりに「1日に30ツイートをしよう!」なのが流行って1日30ツイートを目標に頑張ってツイートをする人が急増しましたが、1日で1000ツイートしたことあるTwitter廃人の私からすると1日に30ツイートをするよりも1日に意味のある1ツイートをした方がいいと思っています。

インプットもアウトプットも量が大事で量が質に転化するという考え方はわかりますが、1日1ツイートだけして、去っていくくようなTwitterの使い方をしている人を見るといいなあと思います。

どっちでもいいんだけど1日30ツイート頑張ってやろうとして消耗してしまっている人は1日に1ツイートだけちょこっとするくらいでもいいんじゃないですかね。毎日内容が薄いツイートを連投するよりも1日に1ツイート絞り出してなんでもいいのでつぶやいた方が、自分のためにも読む人のためにもなると思います。

 

全ての情報を遮断すると苦しすぎる

何もない部屋に閉じ込められた経験ありますか?入院した時にすべての情報を強制的に遮断されたのですが、普段情報を頭の先から足のつま先まで浴びているような人が情報を遮断されてしまうと本当に地獄になります。

2日後か3日後に本の持ち込みを許可されて、本を読むことができたときにはかじりつくように本を読んでいました。だから苦しかったら途中でやめてしまって大丈夫だと思います。過去記事(嗜好品を止めるな)でも書いているように、もしその情報収集やSNSが自分の楽しみだったら、楽しみを取り上げてしまうのはもったいないです。

適度な情報断食を上手にできるとこうなる

結論から言うと

・やるべきことに集中できる

・無駄な時間がなくなるので良い

の2点です。過去に何度かこのゾーンに入ることに成功しましたが、なかなか難しいです。

上手に情報やスマホと付き合っていきたいですね。おわり!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)