Google砲を受けることに成功したのでその要因を分析してみる【Choromeおすすめ記事からの流入】

先日書いた記事のPVが異常値を出していることに気づき「なんだなんだ・・・」とおもいアナリティクスを開いたらなんとGoogle砲を受けていたようなので今回はGoogle砲を受けた要因について分析してみます。

ちなみにGoogle砲をどかーん!と喰らった記事は「SEOアフィリ初心者の僕が3ヶ月と6記事で報酬初発生させた話」です。

これからアフィリエイトをやろうかな…とかSEOアフィリってどうやるんだろう?って思っている人は読んでいただければ読み物として面白いかもしれません。

SEOアフィリ初心者が3ヶ月+6記事でYMYLど真ん中の脱毛ジャンルで発生させることに成功しました

ここからGoogle砲を受けた理由について書いていきますが、全て推測によるものです。
そのため正しい情報ではない可能性が高いので、あくまでこういう考え方もあるのか…と思っていただければ幸いです。

何度もどっかんどっかんGoogle砲を打っている人たちはその再現性のある手法を惜しみなく公開してほしい。

ねこさん
するわけないだろ!
むかどん
そうかい

Google砲を受けた理由その①:SNSで拡散された

僕が考えるにGoogle砲を貰った理由の中でももっとも大きいものがSNSで瞬間的に拡散されたことだと思っています。

15,000人フォロワーを抱えているアクセルさんだけじゃなく、10,000人以上のフォロワーを抱えている人が僕の記事をどっかんどっかんシェアしてくれました。

その結果「SNSから凄い勢いで流入が起きている→どうやらいい記事のようだ→おすすめ記事に出そう」といった流れなのではないかと推測しています。

正直自分の記事がSEOで上位表示されるような記事だとはとても思っていませんし、「SEOアフィリ初心者 脱毛」などで検索する人はいないと思います。(普通初心者はSEOアフィリ初心者 脱毛)で流入してこない。

検索エンジンで上位表示されることと、おすすめ記事に出てくるようなロジックは全く別のものだと思っています。

Google砲を受けた理由その②:記事を公開してからすぐに多くのアクションがあった

上記の内容とかなり似ていますが、記事を公開してから多くのアクションがありました。

具体的にいうと①で述べた記事を紹介される以外にも「いいね」「リツイート」をいただくことができました。

Google砲に再現性を持たせようとした場合は「あらかじめ記事が公開される時間を告知しておいて一気に発射する」イメージで行うとSNSで拡散されやすい→Google砲をもらいやすい・・・流れになるのかもしれませんね。

そういえば色々なライターさんやブロガーさんが「〇〇について書いた記事は19時公開です!お楽しみに!」と昼頃から永遠にツイートしているのを見かけることがありますが、これは記事の瞬間最大風速を上げるための施策だと推測できますね。

記事が瞬間的にどのくらい拡散されるのかもかなり重要なことかもしれません。

Google砲を受けた理由その③:記事にオリジナリティがあった・インデックスされている記事に似たものがない

これは地味に重要なことだと思っていて、おそらくアフィリエイト初心者の記事が3ヶ月で初発生させている記事もなかなかありませんし、アフィリエイト初心者が6記事で初発生させたことを書いてある記事も少ないと思います。

色々な要素を掛け合わせることによってオリジナリティが生まれます。今回の場合はアフィリ初心者+3ヶ月で報酬初発生+ミニサイトの全てがかけ合わさって、他にはない記事になったのではないか?と推測しています。(自分偉い)

話はここで終わらねえ・途中休憩

でもね、こんな簡単にね、Googleさんがね記事をおすすめにポンポンポンポン上げてくれると思いますか?

いんや〜〜〜〜〜私は思わないです!

だってね、昨日書いた記事よりも明らかに拡散された記事がGoogle砲を受けてないの!

記事にオリジナリティもあるはずだし、記事を公開してからのアクションもその記事よりも多かった・・・。

じゃあなんでGoogle砲を受けることができなかったのか…。(ちなみに拡散されたのにGoogle砲を受けなかった記事はこの記事です)

【生きてる理由がなくなるぞ】嗜好品を止めるな【タバコ・酒・ギャンブル】

 

もちろん理由は推測できました。

結論からいうと

・記事の内容がGoogle的にアウトだった(おすすめしたくなるような内容ではなかった)

・おすすめしたいユーザー層やこの記事に見合う広告主はいなかった

この2点です。それでは深掘りしていきますね。

Google砲を受けることができなかった理由その①:記事の内容が不適切だった

上記の記事を要約すると

「おいおまえらいいか、酒・煙草・賭博なんでもそうだ。嗜好品をやめると生きてる理由がなくなるぞ。」というものです。

やはりどんなにSNSから流入されても記事の内容が不適切だと、おすすめ記事に表示されないと思います。

そもそもおすすめ記事はその人の検索結果などの適正によって表示されているものです(間違っていたら土下座しながら地面掘ります)

 

そのため、本来だったらアルコールやギャンブルで検索している人に対して「おすすめ」されるはずですが、何らかのフィルターがありこれらの記事は社会的に良くないものだと判断されたと考えてもいいかもしれません。

どんなに好意的に拡散されても記事の内容がアウトならおそらくそこで1発アウトです。

Google砲を受けることができなかった理由その②:そのジャンルの広告主がいなかった

Googleもボランティアでやっているわけではありません。営利を目的とする企業です。

Google砲を受けた記事は脱毛ジャンルのアフィリエイトについて書いているので、脱毛ジャンルの広告やアフィリエイト商材の広告が貼られると思いますが、酒や賭博に関してはそれらよりも広告主の数が少ないと考えてもいいでしょう。

ここからは推測ですが、拡散された記事が面白脱毛失敗談みたいなものだったらGoogle砲もう1発受けていたのかもしれません…。こればかりはわからない。

おおきさんの記事に学ぶGoogle砲を受ける方法

ついついGoogle様からこのブログが認められた…!と思って舞い上がってこんな記事を書いてしまったが本当のGoogle砲の条件は誰もわからない…。

と思っていたところ、検索したら一番上に「Google砲を何度も受ける方法」って記事ができてて笑ってしまいました。書く前に検索しろよって話ですよね。

ねこさん
おおきさんかっこいい

SEO界では知らない人はいないレベルのおおきさんの記事です。すごすぎる、ここまで書いてしまって、読ませてしまって残念ですが答えはおおきさんの記事にありました。くやしい。

・Googleにインデックス済
・短時間でのアクセス集中
・記事が特化していること(僕の場合はアフィリエイトでしたね)

が重要になるとおおきさんは言っています。

結局特化記事を書いて、アクセスぶわーって集めてバズればGoogle砲受けられるかもですね!って話です。

この記事では自分のGoogle砲狙った記事が乗らなかった理由まできちんと書けているのでこのまま公開します。(自分に甘い)

というわけでみんなでどっかんどっかんGoogle砲うって大騒ぎしていきましょう。ばいばい!(๑╹ω╹๑ )




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)