【生きてる理由がなくなるぞ】嗜好品を止めるな【タバコ・酒・ギャンブル】




僕が好きな話の中にメキシコの漁師とMBAコンサルの話がある。

要約する必要もないくらいすぐに読めてしまうお話なのでぜひ読んでほしい。

知らない人もいると思うのでその内容を引用します。

以下、引用

漁師とコンサルタントの話

メキシコの海岸沿いの小さな村に、MBAをもつアメリカのコンサルタントが訪れた。
ある漁師の船を見ると活きのいい魚が獲れている。

 

コンサルタントは聞いた。

「いい魚ですね。漁にはどのくらいの時間かかるのですか?」
「そうだな、数時間ってとこだな。」

「まだ日は高いのに、こんなに早く帰ってどうするのですか?」

「妻とのんびりするよ。一緒にシエスタを楽しみ、午後にはギターを弾きながら子供と戯れ、夕暮れにはワインを傾けながら妻と会話を楽しみ、それで、寝ちまうよ。」

それを聞いてコンサルタントはさらに質問をした。
「なぜもう少し頑張って漁をしないのですか?」

漁師は聞き返した。

「どうして?」と。

「もっと漁をすれば、もっと魚が釣れる。それを売れば、もっと多くの金が手に入り、大きな船が買える。そしたら人を雇って、もっと大きな利益がでる。」

 

「それで?」と漁師は聴く。

 

コンサルタントは答える。

「次は都市のレストランに直接納入しよう。さらに大きな利益がうまれる。そうしたら、この小さな村から出て、メキシコシティに行く。その後はニューヨークに行って、企業組織を運営すればいいんだよ。」

「そのあとはどうするんだ?」漁師はさらに聞いた。

コンサルタントは満面の笑みでこう答えた。

「そこからが最高だ。企業をIPOさせて巨万の富を手に入れるんだ。」

「巨万の富か。それで、そのあとはどうするんだい?」と漁師は最後に質問した。

「そしたら悠々とリタイヤさ。小さな海辺の町に引っ越し、家族とのんびりシエスタを楽しみ、午後にはギターを弾きながら子供と戯れ、夕暮れにはワインを傾けながら妻と会話を楽しむ。のんびりした生活を送れるのさ。」

漁師はため息をつき、やれやれ、という顔で一言を付け加えた。

「・・・・そんな生活なら、もう手に入れているじゃないか。」

引用元:http://copywriterseyes.hatenablog.jp/entry/2014/05/03/010343

このお話にはとても人生で重要なエッセンスが詰まっていると思っていて、もちろん金をバリバリ稼ぐことも大事なんだけど、もっと大事なことがあるよねって話で…

生きていたり色々な情報に触れていると、ついつい色々求めてしまうが、自分の体は一つしかないし、一度に色々なことを追い求めても仕方がない。

例えば、仕事から帰ってきて好きなお酒飲んだり煙草吸いながら好きな映画見たり本を読んだりするのも幸せの一つじゃないですか、それを外野が止める権利なんてどこにもない。

楽しみをなくすとつまらない人生になる

酒でも煙草でも賭博でも他人に迷惑をかけないように楽しめるならそれでいいと思う。

僕自身の話をすると、賭博で数百万負けて身を滅ぼしたのであまり手を出すことは今後ないと思うけれど….

 

時々「煙草を1日1箱吸ったとして、1ヶ月15,000円、1年で18万円の支出だ!勿体無い!」って主張をする人がいる。大体が煙草嫌いな人だったり、合理的に賢く?生きている人たちなのだが、果たしてそれは本当に楽しい生き方なのだろうか?煙草大好きな人が煙草をやめて、酒大好きな人が酒をやめて、なにが残るのだろうか。僕にはわからない。どうせ死んだら骨くらいしか残らない。本当に人生それでいいのか?どうせ俺らどんなに健康に気を使っていても死ぬぞ?永遠に生きると思ってるの?そっちのほうがやばいぞ。

嗜好品を楽しめるのは大人の特権だ

煙草だって、酒だって20歳からだ。嗜好品を楽しめるのは大人の特権だ。

思いっきりやればいい。迷惑をかけなければいい。決められた金額の中でやれればいい。

自分の欲望を上手に自分で制御しながら生きていくしかない。

禁煙とか禁酒とかもいいけれど、どうせ人生短いんだし好きにすればいいと思う。

いつ死ぬかわからないから好きなことをしておけ

金銭面だけで見たら確実にブログよりもアフィリエイトサイトをやったほうが儲かるし、本来はそうしなければいけないのだが、改めて自分の好きなことを考えた時に上位に「文章を書いたり読んだりすること」が出てきた。

完全にアフィリから逃げている言い訳だが、好きなことをしている時間は大切だ。世の中には全ての時間を1つのことに捧げることができるストイックな人もいるけれど好きなことをする時間は絶対に確保しておいて人間っぽいところは残しておかないといけないと思う。

 

毎日毎日希死念慮と戦っているから、もしかしたら来月には死んでいるかもしれない。

死んでいたら死んでいたで悔いのない人生にするためにもやりたいなあと思っていたり、やってみたい・会ってみたい人にはどんどん会っておかないと後悔することになると思う。

 

さて、死んでるわけにもいかないから生きるか。

この人生にはまだまだ楽しいことがたくさんあるぞ。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)