四十九日

今日は友人の四十九日です。まだ現実感ないですね。本当に彼とはleague of legends(以下LOL)を通して仲良くなることができたと個人的には思っています。このブログを長く読んでくれている奇特な方や、Twitterを長くフォローしてくれている方ならわかると思いますが、引きこもってる時期あったじゃないですか。毎日のように引きこもって、ようやく外に出たと思ったらまともに働かずにスーパーのレジ打ちをしていた時期。その時、こいつ昼間何やってる?って思われてたと思うんですけど、彼とずっとゲームやってたんですよね。僕は大学を2年か3年くらい休学していて、ようやく通信制に切り替えることができたんですけど、この期間の中の引きこもりから少しずつ復帰する時期にLOLをはじめました。彼はよく暴言を吐くけど、初心者の私にきちんと動き方やキャラクターの特徴等を教えてくれた。LOL以外もminecraftをしたり、ただただdiscordで通話をしたり、そんな日がずっと続いていた。人間それぞれいろんな問題を抱えて生きているけれど、一度沼みたいなものにハマるとなかなか抜け出せなくなる。僕も今の職場に拾ってもらえなかったら、ずっと引きこもっていてまともに外に出なかったかもしれないし、少しの行動とか運で人生は大きく変わるのかもしれない。彼も自分から動こうとしていた、絶対によくなると思っていた。それでもやっぱり無理だなと思ってしまったのかもしれない。自分の人生を自分で終わらせることは悲しいことだけど、これを否定してはいけないと思う。最後に彼が選んだ行動は尊重したい。今日はサモナーズリフトで彼と一番一緒にプレイしていたティーモと思いっきりゲームを楽しみます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)