【HHKB】PFU Happy Hacking Keyboard Professional BTは今まで使った中で最高のキーボードだった【感想】

こんにちは、むかどん(@mukadontyan)です。

ついに念願のHHKBでタイピングしています。
本当は試しに入力してから購入したかったのですが、地方ということもあり何店舗回っても試し打ちできるお店がありませんでした。

まあ、お店のことを考えると3万円するキーボードを試し打ちさせてしまうと、それを回収するのにいくらかかるんだ・・・ってなるのできついかもしれないのも当然の流れですね。というわけでHHKBの魅力を紹介させてください。

HHKBは最高のキーボード・こんな人に買ってほしい

ライティングのお仕事をしている人全員に購入してほしい。

パソコンを使ってお仕事する人全員に購入してほしい。

ここまでタイピングが変わるのか?と感動してしまうはず。空気を掴んでいるかのようなふわふわしたタイピングは癖になります。

その秘密は静電容量無接点方式です。そのため強く押し込まなくてもキー入力が可能になるのです。

私もよくわかっていませんが、電極が接することなく、一定レベルまで近づけば回路が接続されてキー入力を認識してくれるので物理的な接点がなく、信頼性と耐久性に優れているらしいです。ふわふわした感じでもタイピングできる秘密はここにありましたね。指が幸せって言ってる。嬉しいことですね。

どうです?すごくないですか?これ、僕は購入する前からなんとなくすごいんだろうなあ・・・くらいの認識でいましたが、実際に買うと「すごい!」が「しゅんごい・・・しゅんごいのぉおお・・・!」に変わります。マジで変わります。本当にすごいですからね、これ。こんなにもキーボードで違うのかと言う感じです。

また、このキーボードの独特な打鍵感はくせになります。
リアルフォースを購入した人からもHHKBを購入した人からも「いいぞ」という感想だけは聞くものの、これ以上の感想が聞けないのがなんとなくわかってきました。
この幸せを文章にするのは難しすぎる。

今日はシンプルに体調が悪いので、明日以降、ガッツリこのレビュー記事を書きたいと思います。

耐久性もあるし、使いやすいキーボードだから4年使うと考えたら1日あたり20円です。格安じゃないですか。

買い物をするときはこういう視点が必要です。また明日の更新でお会いしましょう。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)