ついったーをみなくなった

昔は異常なほどにタイムラインに執着していて、最多で1日1000ツイート超えを連発する日もありましたが、最近は落ち着いています。いちいち起きた出来事をTwitterで報告することもないなぁと感じるようになってきたのが大きいと思います。Twitterを見なくなってからの変化ですが、漫画・小説関係なく本を読むペースが上がりました。単純に今までタイムラインに流れていた情報から、漫画や小説になっただけです。誰かが何も考えずに呟いている情報よりも、世の中に届けるためにしっかりとパッケージされている小説や漫画のほうが読んでいて心地いいです。

だからといってTwitterが悪いわけではありません。最新の情報を得られたり、同じ趣味の仲間を見つけやすい素晴らしいプラットフォームです。ただし中毒性がすごい。私にとってTwitterはジャンクフード。食べたくなった時に時々食べに来るくらいがちょうどいいかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました