2019年に読んだ本の感想【漫画・本】

2019年も終わりなので読んだ本や漫画の感想を書いていく。そう考えると365日の区切りがあってよかった。区切りがなかったらダラダラ過ごしてしまうと思うから。

2019年に読んだおすすめ漫画

2019年もひたすらサウナに通っていた。辛いときも楽しいときも大体サウナで色々解決していた。サウナはすごい。このブログを見た広告代理店の人に5年以内にサウナブームが来ますよ!と言われたけどドラマ「サ道」のヒットによりサウナは大ブームになった。これからもじわじわ若者に広がるでしょう。サウナは最高なので。

これすごくおもしろかった。モンキーピーク。グロ系苦手な人はNGだと思うけど、どんどん読み進めてしまって気が付いたら最終巻まで買っていた。いろいろ理不尽なことあるけど頑張ろうねって思うよね。今kindleだとなぜか99円で1巻が買えるっぽい。たぶん続きが気になって止まらない漫画なので年末年始暇で仕方ない人は読んでみるのもいいと思う。

これも面白かった。というかサレンダー橋本の書く漫画は大体面白いことがわかったので全部買ってしまった。真剣に働かないを求める漫画。奥が深そうで深くなさそうであれ?深いのか?と思うところがいい。何を言ってるかわからないと思うけどそれでいい。

常に自殺することばかりを考えていた秋ごろに購入した。この漫画の中では筆者本人が未経験のことをひたすらやっていくんだけどその過程が面白い。特に今無気力で毎日自殺したいとかそんなことばっかり考えている人はこれを読んでみるとまだ、やってないことあったなあ。と思うはず。

私は別にこの漫画に感化されたわけじゃないけど、死ぬ前にやっておこう~って思って北海道まで静岡から車でいってみた。案外やったことないことをやってみるのは面白い。2020年になってもやったことないことをたくさんしよ~!って思います。行ったことない場所、やったことないこと、まだまだたくさんあるでしょ。

胸糞漫画、もともとは小説だったものが漫画化されていた。小説を読むほどの気力はなかったので漫画を買った。怖いのが苦手だとかグロいのが苦手な人は読まない方がいいけど闇金ウシジマくんみてニヤニヤできる人にはおすすめしたい1冊。アマプラとかで映画とかも見れるはず。

2019年で一番面白かったのがルートエンド。実写化は多分描写の問題で100%無理だと思うけどこれは面白かった。1巻を読んでも2巻を読んでもずっと考えながらページをめくる手が止まらなかった。数多の伏線に、まさかの結末。もう意味がわからないよ。こういう漫画、どうやったら思いつくんだろう。

2019年に読んだおすすめ本

10倍はやくかけるスピード文章術は私の中に革命を起こした。実際に1か月に1冊のペースで本を出し続けているブックライターの本の書き方を本にしている。とにかく書いてみる、情報を整理する。基本的なことかもしれないが、ウェブライティングでお金を貰うようになって数年の私にはすぐにでも実践できるノウハウだらけの内容だった。実際にTwitterのプレゼント企画でもこの本が買えるように2000円のアマギフをバラまいた。本当にこれはおすすめなので読んでほしい。この本には本当に出会えてよかった。

ブログ飯、今や有名な本で読んでないブロガーさんやアフィリエイターさんはほとんどいないんじゃないってくらい有名な本。本で買うと1600円くらいだけどkindleだと600円くらいなのですぐにポチった。大学生くらいのころから文章を書いてお金を貰うことにあこがれてたし、実際に今そうなってるから同じような境遇の人は読んでみると面白いかも。役に立ったというより元気をもらった。

実際にうつを経験した棋士の闘病記と回復した記録が書いてある。身の回りにうつの人がいる人はこういう状態なのか~!って読んでみるのもいいし、実際にうつになっている人はだんだん回復していく棋士の姿が描かれているので希望の光になるんじゃないかなって思う。この人が幸運だったことは弟が医師で適切な指示を出し続けてくれたことの一点だと思う。これを読んでから医者のいうことを真剣に聞くようになった。

俗にいうのんくら本、その辺の有料noteよりも114514倍くらいの濃度でびっくりしてしまった。10年後も使えるノウハウだとかサイトだとかいってるけど、10年後ってのは筆者たちが謙虚なだけで実際にはこのサイト設計の思想や考え方で根本から間違っていないと思う。1章、1章で本1冊になるんじゃないかってくらい内容が濃いのでゆっくり読んだ方がいい。

イケハヤ本。色々たたかれてるけどこの時のイケハヤさんはまともなこと言ってると思う。実際に今のSEOやマネタイズの難易度は置いておいてこれを読んでも損はしない。少なくとも私は読んでよかった。

ライティング本、漫画形式だけどbefore→after形式でよいところがわかるのでライティング初心者の人はこれを第一冊目にするのがおすすめ。少なくとも私はおすすめしてます。基本的なことでしょ?って思った人は普通に中級者以上なので必要なかったってことです。自分が初心者だと思う人のみ買ったほうがいいです。私は初心者の時に買って助けられました。

まとめ

Amazonの注文履歴を見ながらよかった本だけを厳選して書いてみたけど、結構リアル書店でも本を買ったから他にもおすすめ本があると思う。あったら追記で書いておくね。本ほどコスパがいい買い物はないよ~。こうやってみると文章に関する本ばっかり読んできたな今年は。家の本棚もライティング本でいっぱいだ。

来年は小説をたくさん読みたい。私は小説が好きなんだ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました