形にすることが大事だ

いくら立派な設計図を描いたとしても、それを実現させるためには手を動かさなければいけないし、身体も動かさなければいけない場合もある。立派なアイデアが思いついたとしても、脳の中にあるうちはアイデアで終わってしまう。それを手を動かして、形にしないと意味がない。ましてや中途半端なままでは公開もできないまま終わってしまう。

 

僕のブログには大量の残骸(下書き)がある。どれも中途半端に書きなぐられていて、とてもじゃないけど人に見せられるようなものではない。

今日サウナ入ってたらとりあえず、何か書いたら公開しなければいけないな~と思った。もちろん、仕事だったり公的な文章はしっかりと書かなければいけないけど、ブログだったりTwitterだったらとりあえずツイートしたり、投稿しないと意味のないまま終わっちゃうな~と思う。もしかしたら、自分の書いた文章に共感してくれたり、アドバイスしてくれる人が出てくるかもしれない。そもそもほとんどの人は無料で見れる文章やコンテンツに100点満点を期待していないと思う。

まあ、だからこそ常に100点満点を提供するような人の練り込まれた文章はウケるし、人を惹きつけるし、雑記ブログでも何のブログでもとにかく徹底して読みやすく・わかりやすく文章を書いている人はウケるんだなと思う。ほとんどの人は日本語の読み書きができるから、勝負をするなら中身で勝負するしかない。まあ、形にすることは大事なんだけど、結局中身がないと読んでくれる人のリピート率も下がっちゃうんだろうなと思った。この文章が形にできてるかできてないかは分からないけど、なんかサウナに行ってスッキリしたのでこれを公開してから寝ます。結局量も質も大事だけど、どちらかにこだわりすぎるのもよくないな。

みんな、何が読みたい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)