スマホを見る時間を減らすだけで幸福度は上がる

スマートフォンは便利だ。もう滅茶苦茶便利。使わない日がないでしょってくらい便利。だからこそ危ない。スマホは我々を違う世界に簡単に連れて行ってくれる、簡単に世界中と繋がるようになってしまう。

そもそも賢くない人間が多い(私も含めて)ので、その目の前の情報がいい情報か悪い情報かなんて考えている人は少ないと思う。夜なんかになってSNSを見てしまうと止まらないタイムラインや色々な投稿が出ていることが分かると思う。

では、なぜスマホを見る時間を減らすだけで幸福度が上がるのだろうか。結論は簡単で、嫌な情報にアクセスしにくい環境を自ら作り出せるからである。前にも書いたが、無意識のうちに自分にとって嫌な情報を取り入れることによってネガティブな気分になってしまう。気分は行動に反映されるし、行動したことは現実になって自分の目の前に現れる。

夜のSNSで何気ないことで議論をしたり、色々な投稿に目を通すのは楽しい。あの人がこんなこと呟いてるへえ~なんて思っていると凄い勢いで時間が経っていて、気がついたら目標の就寝時刻を超えていることも多い。

だからといって、スマートフォンから受けている恩恵を忘れてはいけないし、もうスマホなしでは生きていけないだろう。知らない場所ではGoogleマップ、今では会員証がスマホのアプリになっているお店もある。クレカの明細だってスマホから見れるし、メッセージだってメッセージアプリがあるからどこでも送受信できる。スマホ無しに生きていくことは結構難しいと思う。

 

スマホがないと生きていけない癖にスマホの悪口を書いてるなんて矛盾している。と思いながらこの記事を書いていたら既に3年前の自分はこのブログの中でスマホの恐ろしさを書いていた。

帰省する新幹線の中で – Everything OK

今の僕にはサウナという強い味方がいる、ちょっと依存性のあるドラッグみたいなものだが今のところ副作用は特に感じていないので大丈夫だろう。私が思うに人間が簡単に幸福度を上げるコツというかポイントは3つあって、よく寝る、よく食べる、よく笑うだと思う。特に寝るの部分が一番大事だと思っていて、やっぱり我々は人間である以前に動物なので寝なければいけないのだ。

というか130日前の自分も同じようなことを書いていた、どうやら定期的に思っては書いているみたいだ。また100日後くらいに同じ記事を書くんだろうな。情報断食の記事書くか、あんまり辛い事したくないけどな。

出来るだけひとつのことに集中したい – Everything OK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)