ふせんで脳がクリアになる

僕は字が上手が下手かと言われたらどう見ても下手な方だけど自分の字が好きだ。多分小さい時にひたすら自分の字を褒められたりしていた経験からいい歳になっても自分の汚い字に愛着があるんだと思う。今でも時々紙のノートに内容がない日記を時々書いたりしていて、後から読み返そうとすると自分の字なのに解読に時間がかかることも少なくない。

 

ふせんってなに?

ふせんを知らない人はいないと思うが、これはメモ帳がペタペタ色んな所に貼れてしまうというスーパーアイテムなのだ。僕みたいに忘れっぽい人やディズニーランドに行くときの待ち合わせに8時間遅刻してしまうような人にはオススメのアイテムだ。

私の使い方

今、頭の中にある雑念や怨念ややるべきことを全て付箋に書いていく。その中からやるべきことだけを付箋に残して普段目の入る位置にペタペタ貼ると、嫌でも思い出すことが出来る。

やるべきことを付箋に書いて貼るだけで「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」という雑念や「次は何をするんだったけ?」といったようなことからも解放される。脳味噌の片隅に置いておかなければいけないようなことを全て付箋に落としてしまえばあとはやるだけだ。

 

ポスト・イット ノート 超徳用 75x75mm 450枚 パステル CP-33SE

ポスト・イット ノート 超徳用 75x75mm 450枚 パステル CP-33SE

 

100均のふせんは絶対に買うな 

ちなみに最初は経費削減のために100均の付箋を買ったんですけど使い心地は最悪でした。すぐに剥がれるし、そもそも付箋に付箋としての矜持がなかった。少し値段は張るけどある程度いい付箋を使うとこれがない生活には戻れないはず。今はポストイットのやつを買ってペタペタ貼ってます。終わったら丸めて捨ててポイって捨てるから達成感も味わえる。

 

関連記事紹介

過去記事というより関連記事です。よかったらこっちも読んでみてください。みんなで生活をよくしていこうな。

 

www.mukadontyan.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)