サウナ後の睡眠で世界が変わる。サウナ後の睡眠は超重要。

サウナ後の睡眠で完全に人生が変わるって知ってました?サウナから出た後の睡眠の深さには本当に感動するレベル。逆にサウナから帰ってきた後に夜更かししてしまうのが最悪のパターン。それではサウナ後の睡眠で完全に人生が変わることについて解説します。サウナの入り方が分からない人はサウナの入り方を徹底的に解説している記事があるのでまずはそちらを参考にしてください。

何度でも言う、睡眠までがサウナだと

何度でも言いますが、帰るまでが遠足、睡眠までがサウナです。はじめて交互浴やサウナを正しく入った人達が翌日に口を揃えていうのは「めっちゃよく眠れた!」です。全員まず睡眠の深さに驚き感動する。みんなそれだけ普段から眠れていなかった・満足に睡眠が取れていなかったということですね。深い睡眠が取れると寝不足の時に比べて日中の元気が違います。めっちゃ寝れた日は睡眠不足の日の100倍元気になる。僕がアンパンマンになったら顔が濡れるの覚悟でサウナに行く、そういうレベル。

自律神経が乱れている時にもサウナをオススメしたい

普段夜型の生活が続いていて、自律神経が乱れがちになることありますよね。夜になってもなかなか眠くならない人なんかにもサウナをオススメしたい。サウナ後の睡眠で世界が変わります。「あ、自分って夜12時前に眠れたんだ」ってなります。起きたときも目覚ましの設定時間よりも前にスーッと起きられたり、起きた瞬間の快眠レベルみたいなものが明らかに変わります。サウナ通いが習慣化すると間違いなく睡眠の質も改善します。

そもそも睡眠を取らないと、どうなる?

サウナ以前に睡眠の重要性をわかっていない人が多過ぎる。夜遅くまでどうでもいいことをSNSで呟いている暇があったら絶対に睡眠をとったほうがいいです。サウナ記事ですが、睡眠の重要性についても知ってほしいので睡眠の重要性について触れておきます。

寝ないと眠りの借金が溜まる

寝ないと眠りの借金と言われている、いわゆる睡眠負債がたまります。コイツが溜まると睡眠時間が足りないことによってガンガンマイナス要因が積み重なっていきます。

睡眠負債がたまると昼間も寝てしまう

睡眠負債がたまると、本人の無意識の中で昼間も寝てしまいます。これが滅茶苦茶やばいです。脳の防衛反応であるマイクロスリープと呼ばれる1秒から10秒程度の睡眠を本人の無自覚のまま無意識にとってしまいます。これがもしも運転中だったら?重要な仕事中だったら?

日本人は睡眠偏差値が世界一低い

日本人は睡眠偏差値が世界でも一番低いといわれています。他の国と比べると明らかで、フランスの平均睡眠時間は8.7時間、アメリカの平均睡眠時間は7.5時間、日本の平均睡眠時間は6.5時間。東京に関しては平均睡眠時間が5.5時間と言われています。6時間睡眠以下はアメリカでは睡眠不足に入ります。少し常識を見直したほうがいいかもしれません。僕が睡眠までがサウナと言っているのも、寝るようになって昼間のパワーや活力が戻ったからです。絶対に寝ましょう。

一部データ引用元:東洋経済オンライン

 

お風呂(サウナに入る)のは90分前がベスト

もう少しだけ睡眠の話をします。お風呂に入るのは睡眠の90分前がベストとスタンフォード式最高の睡眠の本の中で書かれています。

深部体温と皮膚温度の差をしっかり縮める方法として有効なのが「入浴」です。
体は筋肉や脂肪といった遮熱作用のある組織でおおわれており、なおかつ深部体温は自律神経の働きで一定に保つようになっているので、そう簡単には変動しません。しかし、入浴はその深部体温をも動かす強力なスイッチなのです。

スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所と秋田大学が協力して行った実験データでは、40度のお風呂に15分入った後で深部体温を測定すると、およそ0.5度上がりました。

「この “深部体温が一時的に上がる” ということが非常に重要で、深部体温は上がった分だけ大きく下がろうとする性質があります。入浴で深部体温を意図的に上げれば、入眠時に必要な深部体温の下降がより大きくなり、熟眠につながります」(西野先生)

引用元:

睡眠の「質の上げ方」を知って、日中のパフォーマンスをアップ! | 世界睡眠会議|睡眠が変わると人生が変わる

f:id:Mukadon:20180218191523p:plain

引用元:睡眠の「質の上げ方」を知って、日中のパフォーマンスをアップ! | 世界睡眠会議|睡眠が変わると人生が変わる

これを読んでから、最近の自分のサウナスタイルも少しずつ変わってきて、最近では眠る90分前にサウナから出ることを意識したりしています。そしてサウナから帰ってきたら夜更かしせずに寝る。

お風呂・サウナで疲れが取れる

これは体感的に知っている人がほとんどだと思います。

お風呂とサウナで疲れが取れる理由は、サウナに入ることによって血流の流れがよくなるからです。(ちなみにお風呂でもよくなりますが、サウナのほうが身体がお湯に入っていない分、身体への負担が少ないです。)

血液の流れがよくなることによって、身体の細胞に酸素や栄養を届けるだけでなく、細胞の老廃物も取り除いてくれるので、お風呂やサウナに入ることによって一気に疲れも取れます。

せっかくのサウナも夜更かしで台無しになる

これは自分の体験談なのですが、サウナから帰ってきて身体がポカポカしていて気持ちがいい状態でも、1時間2時間とスマホの画面を見ていたり、活動していると心地よい眠気みたいなのが飛んで入眠しにくくなります。サウナ後は最高の入眠チャンスなのですが、スマホやタブレットに夢中になっていると、台無しになってしまいます。

サウナから帰宅したら布団でゴロゴロしよう

サウナから帰ったらそのまま部屋を暗くして布団でゴロゴロして眠るのがオススメです。本の中では睡眠負債のことについても触れられているので、これを読むと寝不足で活動するのが怖くなるレベルです。どうせ寝るなら最高の睡眠にしてみよう!わからないことがあったらTwitterで@mukadontyanまで気軽に聞いてください!

まとめ

  • 睡眠までがサウナ
  • 睡眠負債が溜まると昼間、無意識の間に寝てしまう
  • サウナから帰宅したら布団に飛び込んでそのまま寝る!これが一番大事!
  • サウナの入り方についてもっと詳しく知りたい人はサウナ初心者のための記事を読んでください

この記事の参考書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)