バイト先のお客様の声コーナーが地獄すぎる

 

 

皆さんはスーパーでお客様の声コーナーというものを見たことがあるだろうか?基本的に匿名でお客様の素直な声を聞かせてください!といった趣旨のコーナーなのだが、基本的にかなり地獄だ。特に私の働いている地域は治安があまりよくないと言われていて、働いているとそれを肌で感じることが出来る。

夜に近隣住民から「うるさい!」と電話が入ったことがあった。「また駐車場にうるさい車がいるのかな?」と思いながら駐車場を見に行ったらパートの婆さんとパートのおばちゃんが死ぬほど大声で口論、口喧嘩をしていたことがあった。仲間割れ、彼女たちの必死な叫び声が近所にこだまする。おい、やめてくれ。普段から犬猿の仲らしいおばちゃんたちに何があったのかはわからないが、結局年齢が自分の倍以上あるおばちゃん達の口論を止める方法がわからなかった僕は心の中で近隣住民に謝った。お客さんの治安が悪いと思ったら店内も大分治安が悪かった。

 

基本的に夜のスーパーは人が少ない。そして治安があまりにも悪いのでいい人からどんどん辞めていく。僕が入った時に懇切丁寧に指導してくれた佐藤さん(仮名)は気が利いてお客さんからも常に評判がよく、皆のお手本になるような人だったが、いつの間にか辞めてしまった。僕が入ってから7人くらいしかいなかった夜間のレジ係は気がついたら3人辞めていた、3人目にやめたおばちゃんは逃げるように辞めていった。仕事が出来るおばちゃんから抜けていく現象、かなり地獄だ。最後にやめたおばちゃんは「3年前から辞めたかったけど辞めさせてくれなかったんだよ」と泣きそうになりながら言っていた。

先ほどいい人から辞めていく、と書いた。となると残りの人は歴戦の猛者になる。お客さんが出した小銭を全て丁寧にゆっくり数えて気がついたら大名行列を作る後藤さん(仮名)っておばちゃんと、聞かれてもいないのに自分が漢検準2級を持ってることをアピールしてくる斎藤さん(仮名・28歳)と、そしてこれを書いている僕が大体普段のメンバーになる。地獄だろ?後藤さんと斎藤さんは何年も一緒に働いているらしいが相手がいない時に相手の悪口を言っている。恐ろしい。そして二人とも体が大きい(多分元相撲部)なので、夏でも冬でも汗を滅茶苦茶かきながらレジを打っている。そして2人ともトイレに行くとレジに1時間くらい帰ってこないので、夜間のレジは大混雑、お客さんの私へのヘイトが溜まる。

 

本題に戻ろう、私のバイト先のお客さまの声コーナーはかなり異様で、男性の店員に向けて名指しで「死んだほうがいい」みたいなことを書いてくる人も存在する。(流石にそういうものは提示されない。)

そしてバイトに慣れてきたころ、私の欠点を細かく教えてくれる書き込みが出てきた。

「ありがとうございました。」の声が小さいがお客さまに対する感謝の気持ちが足りないのではないか。レジをしながら他の事を考えているように見える。目の前の業務に集中しているのか。レジをしていない時に店員同士の私語がある。恥ずかしくないのか。等々

全て書いてあることは心当たりがあったので、一応反省したが、よくここまで人の事を見ているなと思った。そこから毎月にわたり私のレジに対する不平不満をぶつける書き込みが出てくる。恐ろしい。そして名前を隠すことなくお客様の声コーナーに展示されてから1か月くらい経った日にお客さまの声を回収していたら新しい書き込みが出てきた。「掲示にあったむかどん君は夜にいるスタッフですね!私はむしろ明るくて爽やかな好青年という印象でしたが・・・」援軍が来た、と思った。それ以外にもお客さんの顔を覚えて話しかけてくれる、等褒めてくださる人が出てきた。しかし、それを店長の机に置いてから1か月たった今でもその書き込みがお客様の声コーナーに展示されることはない。おい、店長、頼むよ。俺の事を褒めてくれる文章も提示してくれ。

 

 

ぐりとぐらのおきゃくさま (ぐりとぐらの絵本)

ぐりとぐらのおきゃくさま (ぐりとぐらの絵本)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)